GPSレンタルリアルタイム型とGPS販売記憶型

リアルタイム型GPSレンタルで貴方にも調査ができます。浮気調査や社員の行動管理に高額な調査費用をかけずに格安に調査ができます。調査会社に30日も調査を依頼すると調査費用はいくら掛かると思いますか?相場では、安くても100万円、200万円以上請求する調査会社も多いと思います。GPSリアルタイム型のレンタルですと30日レンタルで38,900円1日わずか1,297円です。自分で出来ることは自分で行い、無駄なお金は使わず格安調査にチャレンジしてみてはいかがですか?調査に関するアドバイスもご希望であれば行います。勿論お金はいただきません。無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

このような方におすすめです
予算をかけずにご自分で調べたい方
探偵や興信所を利用するほど大げさにしたくないという方
調査業者に相談したら料金が高くてという方
立ち寄り先を知りたい方
もしかして浮気ではという不信を感じた方
ご主人や奥様の行動に不信を感じた方
対象者が常に車輌を使用される方
最近車での外出が多くなった
自分では尾行出来ない・・・だけど安く調査したいという方
確証がほしい 、いざというときの為に証拠だけは掴んでおきたいという方
とにかく浮気現場に行って白状させたい方 
社員の行動管理、職務怠慢にお悩みの経営者様

日本全国検索可能
全国発送いたしますので 遠方の方でもGPSリアルタイム調査が可能 です。

高性能リアルタイム型GPS車両追跡装置
小型 車用GPS写真サイズ.jpg


リアルタイムGPSセールス.jpg


リアルタイム型GPSレンタル料金のご案内


GPS 2014料金.jpg


リアルタイム型GPS追跡装置のレンタル 《お申し込み》と《お問い合わせ》は↓


お申し込み.jpg

お問い合わせ.jpg


リアルタイム型GPS車両追跡は

☆ 携帯やスマートフォン・パソコンで簡単にGPS検索
☆ 検索回数無制限
☆ GPSレンタルのマニュアルは解りやすく簡単に携帯やパソコンに設定できます。
☆ 24時間何時でも何処でも検索可能
☆ 女性でも簡単に取り付け可能
☆ 発見されにくい小型サイズ
☆ GPS車両追跡装置リアルタイム型は高性能、ターゲットが全国何処にいても検索可能
☆ リアルタイムに検索表示したGPS地図は拡大縮小が自在にでき誤差も確認できます。
☆ 面倒な手続きは不要秘密厳守ですのでご安心下さい。
☆ レンタル料金だけのシンプルな定額料金です。
☆ 30日以上GPSレンタルご希望の方はご相談下さい。さらに割引させていただきます。
☆ 弊社では、GPSレンタルのGPS機器の保証金はお預かりいたしません。

携帯でのGPS検索画像↓

GPS携帯画像.jpg


パソコンでの検索画像↓

GPS.jpg

矢印下.jpg

GPS-3.jpg

一歩前へラベル.jpg

リアルタイム型GPS追跡装置のレンタル 《お申し込み》と《お問い合わせ》は↓

お申し込み.jpg

お問い合わせ.jpg


GPS販売ページ.jpg


探偵も使用している高性能GPS記憶装置ブラックボックス P‐1 一番人気!GPS
通常の使用で96時間(4日前後)使用方法により240時間(10日前後)の車両の移動経路、立ち寄り場所等を記録。GPSブラックボックス P‐1があれば貴方に嘘は吐けません!
GPSブラックボックス P‐1ラベル.jpg

高性能小型GPS記憶装置 MI-24VD
小型ですのでカバンの中や自転車のサドル裏やバイク、強力マグネット付専用ケースに入れて車にも装着可能です。稼働時間は36時間~48時間、小型GPSだから使い方は様々です。
MI-24VDラベル.jpg





GPSプラウドリサーチテック.jpg


モバイル.jpg



GPSとは?

 人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステムです。米軍の軍事技術の一つで、地球周回軌道に30基程度配置された人工衛星が発信する電波を利用し、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができます。
 GPS衛星(正式には「NAVSTAR衛星」と呼ばれる)は高度約2万kmの6つの軌道面にそれぞれ4つ以上、計24個以上が配置され、約12時間周期で地球を周回しています。約7年半で寿命を迎えるため、毎年のように新しい衛星を打ち上げて軌道に投入しており、概ね30個前後の衛星が常時運用されています。GPS衛星は高性能の原子時計を内蔵しており、1.2/1.5GHz帯の電波で時刻を含むデータを地上に送信しています。
GPS受信機は複数のGPS衛星からの電波を受信してそれぞれとの距離を割り出すことにより、現在位置を測定することができます。3つの衛星が見えるところでは緯度と経度を、4つの衛星が見えるところではこれに加えて高度を割り出すことができます。
 衛星の発信する電波に含まれる時刻データは暗号化されたものと暗号化されていないものの2種類があり、暗号化されたデータは米軍しか利用することができません。誤差は数cmから数十cmと言われており、精密誘導兵器などに利用されている。民生用に利用できるものは暗号化されていないデータで、故意に精度が落とされているため誤差は5m~10m程度となります。誤差をより小さくするため、正確な位置の分かっている地上の基準局から電波を発信し、これを利用して位置情報の補正を行う「DGPS」(Differential GPS)という技術が実用化されており、誤差を数mに縮めることができます。
GPSの民生利用は航空機や船舶などの航行システムで行われてきましたが、近年の半導体技術の急激な発達に伴い機器の小型化・低価格化が進み、情報技術の進展から地図を表示するコンピュータシステムなども安価に提供されるようになったため、カーナビゲーションシステムや携帯電話に広く組み込まれるようになり、位置情報を利用した様々なサービスが提供されるようになっております。