浮気・不倫・不貞行為-不貞行為の立証

浮気・不倫・不貞行為 「不貞行為の立証」

 皆さん結婚された夫婦にはご存知の通り「貞操の義務」が課せられます。 よって不貞行為は法律違反となり、民法では「夫もまた妻に 対して貞操を守る義務尾を負う」「夫婦の一方の配偶者と肉 体関係を持った第三者は、他方の配偶者の夫又は妻として の権利を侵害不法行為責任を負う」と記載されております。

本文に入る前に 民法第770条について確認しておきましょう。


民法 第770条 【離婚原因】


 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起す ることができる。

一  配偶者に不貞な行為があったとき

二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場

 合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認

 めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

② 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある

 場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と

 認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。


不貞行為・浮気・不倫


例えば、現時点で肉体関係は無いと思われるが、あきらかに 他の女性(男性)と付き合っていると思われる場合、その関 係がたんなる友人なのか、「恋愛感情のある交際」か確かめ る必要があります。仮に恋愛感情を伴った交際でも、この時 点では当然不貞行為とは言えまん。 この時点で問題を見てみぬ振りをせず、何等かの手段を講じ解決しましょう。この時期を過ぎると問題解決が徐々に困難になります。しかしこの時点に於いてもある程度証拠は必要と思われます。

不貞行為の立証


 不貞行為に基づく慰謝料請求訴訟では、 原告側(訴えるあなた)にその立証責任があります。
 ではどこからが「不貞行為」でしょうか?原則的には他の異性と の性交渉をもつ、そう推認できるに充分な状況が認められて 初めて「不貞行為」となりますが、通常「不貞行為」が離婚 事由となるためには、1回だけではない、反復した「不貞行 為」の証拠が必要です。
また、それに到るまでの行動経緯な どの証拠もあったほうがよいでしょう。 例えば、2人で行 ったレストランや居酒屋等での食事風景また、旅行の様な親 密な関係が立証される証拠があれば、調停や裁判にはより有 利になります。また、「キスをしている所を見た」それを写
真やVTRに撮った、その事実を認めさせた等は、親密な関係 と思慮されますが「不貞行為」とは認定されません。
 
 浮気相手とのメールや携帯電話の着 信履歴、日記などは、状況証拠であり偽造も可能な為、裁判 所に提出する証拠としては十分とは言えませんが大事な証拠の一つと言えるでしょう。
 つまり、相手の不貞(浮気)を原因に離婚請求を起こす場合には、「相手の不貞が確実にあり、その事実が婚姻関係を破綻させ、確かな原因となった」事を裁判所に認めさせるだけの説得力の ある客観的で明確な証拠を提出し立証する必要があります。

唯一認定される証拠は、反復した「不貞行為」を立証できる証拠と推認できる証拠です。勿論、証拠が無くても、本人が、調停・裁判で認めればそれには及びません。



証拠について


テープ

自宅室内等での、夫婦間の会話を録音したテープの確保。それを文章化しておくと良いでしょう。
          
メール・手紙・メモ

メールや手紙は偽造が簡単な為に、浮気と思われる文面でも それ自体が不貞行為などを推認出来る証拠としては認められませんが、他の証拠と合わせることで有力な状況証拠となりえ る可能性があります。メール手紙のコピーやメールの文面及び送信者欄を写真で撮影しておきましょう。

写真・VTR

写真やVTRは証拠能力が一番高い証拠です。ホテルや浮気相手 の自宅等からの出入りを写真やVTRで撮るのが望ましいです。

「継続性 のある不貞関係」を立証する為にも計画を立て、複数回の「不貞を推認できる証拠」を押さえましょう。また、その前後の行動も写真やVTRに撮ったほうが良いでしょう。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック