浮気の離婚基礎知識

夫(妻)の浮気が原因で離婚請求、冷静に証拠を集め慎重に行動を!!


裁判上の離婚

民法770条

① 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生存が三年以上明らかでない。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

② 裁判所は、前項一号から四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して結婚の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。


実例


例1: 夫は妻がいるにもかかわらず、サークルの仲間であるA子と交際し、食事やドライブを楽しんでいる。そして一度だけ肉体関係を持った。しかし夫は深く反省している。妻は夫の行動は不貞行為(浮気)であるとして許せず離婚の請求をしました。



例1を二つに分けてみると、むかっ(怒り) A子と交際し、食事やドライブを楽しんでいる。むかっ(怒り) 一度だけ肉体関係を持った。

民法770条 一項一号では、不貞な行為を離婚原因の第一にあげていますが、食事やドライブ程度の行為をただちに不貞行為(浮気)ということできないとされております。したがって夫が妻以外の女性と食事やドライブをした事実だけでは、不貞行為(浮気)とはいいがたいとされます。しかしこのような交際でも程度を超せば別とされます。結婚を継続しがたい重大な事由(民法770条一項五号)が生じたりすれば離婚をもとめることができるとされております。

それでは一度だけの肉体関係はどうでしょうか?
これは明らかに不貞行為にあたりますが、判例に多く見られるのは、ある程度継続的な性関係を持っていることです。一回限りの浮気や偶発的な性交も不貞行為ではありえますが、夫がその行為を反省しているとみられるようなときは、離婚請求が認められないときがあり得ます。

浮気(不貞)証拠は、ある程度継続していると推認できる証拠が必要とされます。プラウドリサーチテックは低予算での浮気不倫調査をご提案しております。一人で悩むのはもう止めてご相談ください!!良いアドバイスをさせていただきます。これからの一歩を私どもプラウドリサーチテックと共に踏み出してみては?






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック