離婚の方法と種類

千葉県浮気調査 総合調査プラウドリサーチテック

離婚の方法と種類  
 
 
主な離婚方法には次の方法があります。
 
①協議離婚・・当事者の夫婦が合意すれば、離婚原因は限定されません。
 
協議離婚とは、夫と妻とが、慰謝料や財産分与、子供の養育費等の条件を話し合い、お互いに同意の
上かつ成人2人以上の保証人により離婚することができる制度です。
未成年の子がいる場合には、誰を親権者にするかを決める必要があります。協議離婚は、日本の離婚の
90%を占めています。
 
②調停離婚・・家庭裁判所への申したてによる離婚
 
協議で離婚が成立しない場合に、家庭裁判所に調停を申し立て、調停委員を間に夫と妻の話し合いの
場です。離婚の裁判訴訟の前に調停手続きをとらなければなりません(調停前置主義)。
 
ただし、相手の居所が分からず、調停手続きが取れない場合などには直ちに離婚訴訟
を起すことができます。

調停は裁判とは違いますが、離婚が成立した場合、調停調査に記載された内容は確定判決と同じ効力を持ちます。調停離婚は、日本の離婚の9%を占めるに過ぎません。
 
③審判離婚
調停が成立しないとき、家庭裁判所が、調停に代わるものとして、離婚の審判を行うことがあります。
審判の確定により成立します。
④判決離婚・・一般の裁判所への訴訟による離婚
 
裁判所に訴える場合、まず家庭裁判所に調停を申したてる必要があります。(調停前置主義)
調停の不成立を経て、離婚訴訟になります。離婚原因の事実を主張かつ立証する必要があります。
 
⑤和解離婚
離婚訴訟において、夫婦が離婚することにより紛争を解決する旨の合意をすることで行う離婚。
裁判所が和解調書に夫婦が離婚する旨を記載することで成立します。

GPS浮気発見装置 好評発売中!
GPSレコーダ セット.JPG
ブラックボックス P‐1


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック