超小型 GPS 発信機 浮気調査や素行調査、徘徊対策、盗難対策、勤怠管理 に お役立てください!

【小型GPS追跡発信機】で浮気調査や素行調査をご自分で調べる方が増えています。
調査会社に調査を依頼すれば1日 6時間程度の調査で4万円~10万円、7日も調査をすれば
30万円~100万円前後、業者によっては100万円以上請求されるケースも少なくはありません。
そんなに調査費用をかけても空振りすることもあります。これでは大切なお金を溝に捨てるような
ものです。
高性能小型GPS発信機を使いご自分で調べてみてはいかがですか?
小型GPS発信機を購入すれば何回でも調べることができますので経済的で確実に結果が出せる
でしょう。

【小型リアルタイム追跡発信機】PMD-065 日本初の画期的GPS追跡システム
カバンにも隠せる小型リアルタイムGPS追跡発信機 PMD-065の販売を開始いたしました。
今まで有りそうで無かった小型GPS発信機、ご要望にお応えし
この度、超小型リアルタイムGPS発信機PMD-065の販売を開始いたしました。

販売開始半日で数十台のご注文を頂きました!
皆様も、この小型GPS発信機で確かな結果を出してみてはいかがですか?


小型GPS発信機の販売とレンタルNO1.jpg



「とにかく小さいGPSが欲しい」「カバンにも隠せるGPS発信機が欲しい」
「リアルタイムに検索できる小型GPS発信機が欲しい」との声にお応えし
この度、超小型リアルタイムGPS発信機 PMD-065の販売を開始しました。

小型リアルタイムGPS発信機 PMD-065
小型で高性能、高機能付GPS発信機
1年間使い放題!

34,000円(税別)

小型、GPS、カバン、自転車、リアルタイム、発信機.jpg

本体に黒のビニールテープを巻けば目立たず隠せます。

カバンに隠せる小型GPS発信機.jpg


超小型GPS発信機PMD-065-2.jpg



リアルタイムGPS 「PMD-065」は、ターゲットの現在位置をリアルタイムに検索できます。

「PMD-065」はリアルタイム異常検知通報装置とGPSを小さな筐体に備えた日本初の

画期的な商品です。

ターゲットの車を探すためのGPS端末は入手することが可能ですが現在地を知ることしか

できないなど機能が限定されたものや高価なものが多いのですが、

「PMD-065」のGPS機能は現在地を知ることにとどまらず、

相手の位置と自分の位置をスマートフォン上に同時表示したり過去のデータも見ることも

出来る優れものです。

「PMD-065」は小さな筐体にこれらの機能を封じ込め低料金でご利用できる

日本初の画期的な商品です。

高性能GPS発信機で追跡.jpg

専用ケース付き
専用ケースに入れ車のも装着可能

超小型GPS発信機PMS-065-4.jpg



小型GPS発信機 PMD-065 GPSシステムの概要

スマートフォンやパソコンでいつでも検索可能

リアルタイムにターゲットの現在位置を検索

自転車に取り付け可能GPS発信機-2.jpg



ターゲットが動いたらメールで即座に通知

移動みまもり

カバンに入るGPS発信機-移動見守り.jpg

頻繁に検索しなくてもターゲットが動いたらメールで知らせてくれるから安心!

カバンに隠せる小型GPS-移動見守り.jpg


接近・侵入みまもり

設定した感度以上の振動を検知するとメールで即座に通知します。

高性能小型GPS発信機で浮気調査.jpg
カバンに隠せるGPS発信機.jpg

ターゲットを追跡!・・・見失いません!

自分の位置を、ターゲットが表示されている同じ画面に表示することができます。

さらに相手との直線距離も表示されます。


ターゲットを尾行・追跡するのに便利な機能です。

小型GPS発信機を購入ならPMD-065.jpg

履歴も確認できます。

31日前までのデータを保管、期間を指定すればその間の

データをいつでも見ることができます。

小さいGPS発信機.jpg


貴方のGPSシステムを支えます。

GPS端末の電池容量が少なくなって来たり、電源がOFFになった時に

メールで通知しますので、電池切れで検索に失敗することを防げます。

購入できるリアルタイムGPS発信機.jpg

【オプション】

バッテリ‐長持ち!
電池ボックス:21,600(税込)

サイズ:67mm×84mm×31mm 重さ:142g

バッテリ:リチウムイオンバッテリー(2,200mAh)

その他:強力マグネット付 microUSB充電

通常、PMD-093は、連続待受け10日間ですが、

この電池ボックスを使用することにより連続待受け40日

長期間のご利用が可能となります。

実際に利用可能な時間はご利用環境に依存します。

リアルタイム追跡発信機電池BOX.jpg




















電池BOX表裏斜め.png













【注意事項】
防水性能はございません。水に濡れる環境や屋外でご利用する場合は
ビニールテープなどにより対策を行ってください。

マグネットはあらかじめ接着剤で電池BOXに固定されています。
マグネットは非常に強力なため、お取り扱いには十分ご注意ください。

本機を利用したことによる、直接もしくは間接的に生じた損害、破損に
ついては当社は一切の責任を負いません。


使える便利な機能付
小型リアルタイムGPS発信機 PMD-065

34,000円(税別)

お申し込み11.jpg






gps発信機追跡システム販売

ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい!
okigaruni GPS.jpg

【備 考】

1.第三者の人権を侵害する行為、法令に違反する行為での ご利用を禁止します。
2.記載の内容は予告なしに変更することがあります。

小型のGPS発信機 PMD-065注意書き.jpg

小型GPS発信機購入.jpg

小型GPS浮気調査.jpg



各種GPS発信機紹介ページ.jpg



GPS発信機のレンタルと販売.jpg







小型リアルタイムGPS発信機車両追跡システムの販売




to6.jpg
to5.jpg



【トピックス】

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本版GPS(全地球測位システ

ム)をめざす準天頂衛星「みちびき」2号機を載せたH2Aロケット34号機の打ち上げ

に成功した。

201761日午前9時17分に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げ、約28分後

衛星を分離し、所定の軌道へ投入した。

 H2Aの打ち上げ成功は28回連続。成功率は97.05%と、国際的に高い信頼性の目安と

される95%を大きく上回る。

準天頂衛星は位置を測る電波を地球に送り、受信機の正確な位置がわかる。

日本の真上を通る軌道を飛び、電波がビルや山に遮られにくい。位置情報の精度が飛躍的

に向上する。


 政府は今年度中に準天頂衛星をあと2基打ち上げ、1、2号機と合わせて合計4基体制

の運用を来春にも始める。

4基そろうと少なくとも1基が常に日本上空にとどまり、高精度な位置情報サービスを

いつでも利用できるようになる。

正確に走る自動運転車や無人で動く農機、高齢者の居場所を見守るサービスなどへの応用

が期待される。


 米国のGPSは軍事システムとして開発が進み、位置情報を部隊の配置などに生かして

きた。

GPSを民生分野でも使えるようにし、スマートフォン(スマホ)で使う位置情報サービ

スの普及や自動運転の研究を後押ししている。


 政府は2023年度をめどに4基から7基体制へ拡充する計画をまとめている。7基にな

ると、GPSに頼らず、日本独自に位置情報を取得できるようになる。


 日常生活に欠かせなくなった位置情報が使えなくなると社会が混乱しかねない。

安全保障の面からも、日本独自の衛星測位システムの構築を急ぐ。海外では欧州や

中国などが独自の衛星測位システムの整備を始めている。


日本経済新聞電子版より





国産GPS衛星 みちびき2号機、打ち上げ成功 高精度の位置情報、
来年度から本格運用へ

 政府の準天頂衛星みちびき2号機を搭載したH2Aロケット34号機が6月1日午前9時17分、
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは
成功した。日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う衛星で、来年度から高精度な位置情報
が得られる4基体制で本格運用を開始する。

 みちびきは電波で地上の位置を計測するための測位衛星。米国が開発したGPSは日本でも
カーナビゲーションやスマートフォンなどで広く利用されているが、10メートルの計測誤差がある。
みちびき4基をGPSと併用すると最小で6センチに抑えることができる。

 GPS衛星が日本から離れた場所にいるときは、高層ビルなどで電波が遮られ、位置情報の
精度が落ちてしまう。みちびきは日本のほぼ真上(準天頂)を長時間飛行できる特殊な楕円
(だえん)軌道を周回するため、高い精度で計測できる。

 2号機に続き3、4号機を年内に打ち上げ、平成22年から運用中の初号機と合わせて
4基体制を構築。35年度に7基に増やし、GPSに依存しなくても誤差6センチを実現する
計画だ。高精度の位置情報は車の自動運転に道を開くほか、農作業の効率化、離島や
被災地への小型無人機による物資輸送など交通や物流を中心に幅広い応用が期待され
ている。

 米国がGPSの利用を制限すると深刻な影響が及ぶため、自国で測位衛星を構築する
動きが国際的に進んでおり、日本は23年にみちびきの本格運用を決めた。H2Aは28回
連続の成功となり信頼性を高めた。

産経新聞より



 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本版GPS

(全地球測位システム)をめざす準天頂衛星「みちびき」2号機を

載せたH2Aロケット34号機の打ち上げに成功した。

201761日午前9時17分に種子島宇宙センター(鹿児島県)から

打ち上げ、約28分後に衛星を分離し、所定の軌道へ投入した。

 H2Aの打ち上げ成功は28回連続。成功率は97.05%と、国際的に高い

信頼性の目安とされる95%を大きく上回る。

準天頂衛星は位置を測る電波を地球に送り、受信機の正確な位置がわかる。

日本の真上を通る軌道を飛び、電波がビルや山に遮られにくい。

位置情報の精度が飛躍的に向上する。GPSで約10メートルだった誤差が、

準天頂衛星と地上設備をGPSと併用するとほぼ6センチメートルにおさまる


 政府は今年度中に準天頂衛星をあと2基打ち上げ、1、2号機と合わせて

合計4基体制の運用を来春にも始める。

4基そろうと少なくとも1基が常に日本上空にとどまり、高精度な位置情報

サービスをいつでも利用できるようになる。

正確に走る自動運転車や無人で動く農機、高齢者の居場所を見守るサービス

などへの応用が期待される。

 米国のGPSは軍事システムとして開発が進み、位置情報を部隊の配置など

に生かしてきた。

GPSを民生分野でも使えるようにし、スマートフォン(スマホ)で使う

位置情報サービスの普及や自動運転の研究を後押ししている。


 政府は2023年度をめどに4基から7基体制へ拡充する計画をまとめている。

7基になると、GPSに頼らず、日本独自に位置情報を取得できるようになる。


 日常生活に欠かせなくなった位置情報が使えなくなると社会が混乱しかねない。

安全保障の面からも、日本独自の衛星測位システムの構築を急ぐ。海外では欧州や

中国などが独自の衛星測位システムの整備を始めている。


日本経済新聞電子版より




欧州版GPSとなる「Galileo(ガリレオ)」が今月から
全世界で利用可能となりました。
Galileoは欧州共同体の主導により、17年の歳月と53億ユーロもの
巨費が投じられることでシステム構築が進められてきたもので、
米国のGPSやロシアのGLONASSを大幅に上回る精度を全世界で
利用可能になるというものとなります。

測位精度は無料版で利用可能な一般向けが1メートル、有料による
業者向けが1センチとなっており、測位精度は大都市が多く集まって
いる高緯度に最適化する工夫も加えられています。

競合のGPS/GLONASSは軍用であるため、有事が発生した場合には
米国政府やロシア政府の判断で提供が停止されてしまう恐れがあるが、
Galileoに関してはそのような心配はなく、測位精度はGPS/GLONASSより
も上で、尚且つ、GPSレシーバーに関しても最新のものであればハード的な
変更を加えることなくGalileoに対応させることが可能なため、世界のGPS
市場は欧州以外の市場であっても次第にGPSGLONASSからGalileo
切り替えが進むことも予想されています。

Galileoの利用は、既存のGPSレシーバーをそのまま利用することが可能と
なるが、信号のプロトコルが異なるため、ソフトウェア(GPSレシーバーの
ファームウェア)の変更は必要となります。

市場ではまた、1センチ精度の業者向け有料サービスにも関心が集まる
ところとなっており、Galileoの高精度測位情報は、自動運転車向けの
精密地図の作成、電車の自動列車運転システムなど様々な領域に活用
されることも期待されています。

Galileoの衛星フリートが完全に整うのは、2020年代となる予定。


株式会社プラウドエンタープライズ
プラウドリサーチテック
〒260-0032
千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタル登戸ビル6F
TEL:043-441-8810 FAX:043-441-8815
メール:info@proud-no1.jp


小型GPS販売カバンにも入る
日本全国対応

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県


千葉県東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県


愛知県 三重県滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山 鳥取県 島根県 岡山県 


広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 


宮崎県 鹿児島県 沖縄県
















超小型GPS発信機、盗聴器の販売






この記事へのコメント